2-4 金属加工






































実験風景

実験風景

 受講する学生一人一人が、与えられた課題を多種の工作機械を運転・操作して切削加工を行い、目的の品物(製品)を製作する。また、溶接の原理や手法を理解する実習を行う。
  物つくりの体験をすることにより、工作機械による加工方法や溶接の基本的な知識・操作方法を理解すると共に、製品が出来上がる工程にそって自らが考え行動することで、ものづくりの原点を習得して身につける。