4-3 リサイクル














































実験風景

実験風景

 牛乳パックは針葉樹を原料とした良質のパルプで作られている。また、ガラス容器と比べると軽くて割れないという利点がある。一方、本体のコーティングのためにポリエチレンが使用されているので、捨てた場合、分解されないまま残ることになる。環境保護と森林資源の面からも使い捨てにすることは避けなければならない。したがって、ビニールのコーティングをはがし、細かくちぎり、ミキサーにかけて浮遊物状にする。これをポリネットのすき枠に流し込み、乾燥させて葉書を作る。日本では、紙の原料はパルプであり、外国から輸入している。東南アジア、ブラジルでは森林が切り開かれ、洪水が起こったり、土地が砂漠になる等、自然が破壊され生物の生態系が壊れている。そこで、地球の緑を守るため、古紙のリサイクルが必要となり、再生紙の利用が強く求められている。